社会人大学生日記 26

昨日の授業は、苦手な相談援助の授業でした。


ゼミ方式ですが、事例を読み、クライエントに合った援助を考え、最善の方法をプレゼンする


様々なケースについて、これを4月からずっと繰り返しています。


福祉は
『優しい』
とか
『寄り添う』
というのは当たり前のことで


いかに自分の引き出しから、適正な援助方法をどれだけ引き出すことができるか
という事。


クライエントの状況を改善するために
公的な社会資源を使ったり、地域の力を借りたり、 時に治療やリハビリしたり。




昨年教わった 『福祉は科学』といわれた先生の言葉。

全くその通りだと思います


困難に感じる状況をどうやって改善していくか。

昨日も支援計画をもっと具体的にと、先生からのアドバイスを受けました。

その支援計画を見て、支援者が一目瞭然に行動できるよう、具体的に書いてくださいと。

そのためには、法制度はもちろん、社会情勢を含めたクライエントの人生の背景まで視野に入れる。

これまでの人生、児童期の育ち方。地域性はどうだったのか。


しかし、クライエントが困難に感じる原因は、これらのクライエント自身の性格や背景だけでなく、

ご自身が気づいていない病気から来ているのかもしれない。

薄っぺらい私がどこまで踏み込む事ができるのか。

当たり前ですが、これまで信じて疑わなかった私の常識は、間違っていたかもしれない。。と毎日葛藤しています。
のほほんと生きてきたしっぺ返しが来ているよう。


アラフィフの課題は、まずは頭の中を柔軟にすること。

今までの経験や思い込みを捨てること。

とにかく受け入れること。

こうやってブログに書き、自分に確認しています。


学ぶことを忘れずに。この幸せに感謝し、


福祉の勉強が、今後の人生にどのように関わるかは分かりませんが、
相談援助の勉強は、私の価値観を変えてくれています。


社会人大学生日記 25

昨日の午後は、地域の人達に向けた『モノさんぽ』という2年生の実習に参加しました。

モノレール沿いのお店や裏通りを、てくてく散歩しながら、ゼミ生が紹介してくれます。


まずはモノレールの基礎知識を簡単に教えてもらい、 モノレール城野駅からスタート!今回は城野駅周辺を散策するコースです。
参加人数は全員で10名。地域の方やアイデザインの方もいらっしゃいました。
JR沿いの裏道を通ります。


こんな小さな狭い道を通るんですよ!





知らなかった小道に、テンション上がります。
城野駅からモノレールの城野駅方面までの近道になるそう。
良いことを聞きました!


見たことはあるけど、入った事はないお店の紹介をレクチャーされながらテクテク歩きます。

こちらの占いのお店は当たると評判らしいです。




こちらの猫カフェは、お店の方が直接フランスで買い付けた紅茶が飲めるそうです。知らなかった!



参加者のお一人が見つけた記念碑。何か分からなかったのですが、みんなで想像しながら歩きました。




ボンジョーノに到着。ボンジョーノはゼロ・カーボンを目指した先進の住宅街区です。



電柱もなく、緑豊かな住宅街。
歩道もマンホールも、とてもオシャレ。

奥の公園で一休み。
ここでゼミ生から差し入れをいただきました。

やぼ天さんの芋天と、pepe Rossoさんのシフォンケーキ。どちらも美味しいー!




公園近くのお店には、子供達がいっぱい。




私もたまにイベントで参加しているTETTEさんにも見学に。こちらでは子ども食堂も開催されているようでした。


帰りは、ゆっくり大通りを散歩。
こちらのカフェ『Kopi Luwak』は、お子さん連れでも安心してお食事がいただけるそうです。


公園でいただいたシフォンケーキはこちらの『pepe Rosso』さん。Kopi Luwakさんのお隣です。


シフォンケーキと一緒にいただいた芋天の『やぼ天』さんにもお邪魔しましたよ


他にも裏通りにある通称『裏城野』のお店のお話もありました。実は私も裏城野のお店には、何度かお邪魔してます。
表通りとは違う裏城野のお店も隠れ家的な雰囲気でおススメです。


モノレール城野駅に戻りゴール!

約二時間半で、一万歩は歩いたかも!
暑かったけれど、良い運動になりました。
このあと、夕方からの授業を受けに大学に戻りました。(実は朝も講義を受けていました)



ゼミ生の方には、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました!そして生徒さんのコミュニケーション能力の高いこと!尊敬しました〜

ありがとうございました。

皆さんもぜひ!城野駅周辺をお散歩してみてくださいね( ´ ▽ ` )

社会人大学生日記 24

今年の四月から、

大人のための大学 “i-Designコミュニティカレッジ”が創設されました。

大人になった自分が自分をデザインするというコンセプトで、3コースから選択できます。

私が通う福祉コースでも、心理学や障がい学などの授業で、i-Designの生徒さんと一緒になることがあります。

これまでの私は、クラスの年齢ランキングでは、1.2位、それに近い上位をキープしてきましたが、
i-Designの方々は人生の先輩も多いので、私もまだひよっこ(言い過ぎ)。



そんな先輩方と一緒に授業を受け、感じる事がありました。



それは、授業でのリアクションがとにかく良いということ。
授業ではスマホを使う事もあり、リアルタイムでコメントを送信する場合があります。


黙々と作業をする若い学生さんと違い、
送信方法が分からない場合は、周りの受講生や若い学生さんにも聞き、一人で悩んでいる風ではありません。


また、授業では、先生のお話に、『へー』『すごーい』と声を出したり、頷いたり。
先生の冗談にもクスクスと笑ったりと、とにかく先生の講義に対して、反応がすごく良いのです。

最近の授業では、先生が一方的に話す講義型より、

海外のようにディスカッションや対話型を取り入れられている手法も多く、発言したり質問したりと、コミュニケーション能力も求められます。

しかし、なかなか自分から発言をする生徒さんは少なく


先生が求めても、活気あるディスカッションができる機会は少ないように感じます。

意見交換する事で、授業の質が上がるのは分かっているのですが、私も発言は苦手でして、

これは謙虚や謙遜を元々の美徳としている、日本人の気質がベースにあるのでは?と秘かに思っています。
目立たないように、騒がないように。席もわりと後ろの方に座ったり、 意見の押し付けをしないように。。と、どこかでセーブしたり。。
パワポで発表するのも苦手なので、発表の前日は、憂鬱でたまらなくなります。


しかしi-Designの受講生の皆さんは、クラスの前列に座り、ナイスリアクションで受講されています。


先生もリアルな反応に、テンポよく進んでいくのがわかります。こんな生徒さんだったら、私が先生でも嬉しいと思うのです。


あー。やっぱり人生はまだまだ勉強です。

あまりコミュ力は高い方ではない私ですが、i-Designの生徒さんと仲良くなりたい!と思いました。

お会いした時は勇気を出して、声をかけてみたいと思います。

昨日は図書館の三階へ行きました。三階は文学も多く、気になっていた原田マハさんの本も借りれました。
本当に図書館はおススメです。


北九州は夕方から雨の予想。
肌寒いですが、夜は大学に行ってきます!
皆さまも良い1日をお過ごしください。


| 1/10PAGES | >>
| /PAGES |

women's base

women's baseリンクバナー

about

福岡県北九州市小倉北区・小倉南区・戸畑区・門司区の範囲で在宅療養中の方と、介護されるご家族を主に対象とした出張リラクゼーション&出張エステサロン「白雲木」オーナーのブログ、「白雲木のぼちぼち日記」へようこそ。

こちらのブログでは、白雲木オーナーの日常や、皆様の健康や美容に役立てるような情報を発信したいと考えております。

category

archives

links

search

 

mobile

qrcode

others